【文豪】

勉強を楽しみながら阪大に合格した理由<6>集中力を伸ばす25分テクニック

あなたには、集中力があるか。

仕事、勉強、課題、レポートなど・・・
普段の生活の中ではいつでも「集中しなければならない時」がある。

しかし、人はどうしても目の前にあるものから逃げたくなってしまう。
やるべきことはわかっているのにどうも手が伸びず、別の趣味に走って現実逃避をしたくなるものだ。

できることなら、やるべきことは先延ばしにせずに早く終わらせてしまいたい。
そしてすることが終わったら遊びたい。
そう思うだろう。

そもそも、人間の集中力というのは長続きしないものだ。
何時間も一つのことをずーっとやり続けることができる人は限られている。

 

そこで今日は、私も学生時代からずっと続けている集中法を紹介したいと思う。
特に、面倒くさがり・先延ばしにする・追い込まれなければできない・飽きっぽいという人には大変オススメだ。

その名も、「ポモドーロ・テクニック」。

 

ポモドーロ・テクニックとは、
イタリア人のフランシスコ・シリロさんによって考案された時間使用術のこと。

25分を1単位にして、1つのことに全力で取り組むというもの。

 

具体的なやり方はこう。
自分のやるべきことを決めたら、タイマーを用意して25分間セットする。
あとは、その25分間だけ、そのことを全力でこなす。とにかく余計なことは一切考えず目の前のことをとにかくこなす。
その間休憩したり、ネットを見たり、携帯を触ったりと、他のことは一切してはいけない。

人の”やる気を出すメカニズム”というのは実は簡単で、
後先考えず「とにかく実行する」ことでそのままどんどん実行できてしまう。
要は最初の一歩さえ踏み出してしまえばあとは坂道を下るようなものだ。

 

そして、「25分」という数字が実に巧妙で、うまく集中力が途切れずにやり遂げられるんだとか。

この25分を1ポモドーロとして、終わったら4、5分の休憩をとる。
この間は本を読むも飲み物を飲むも何するも自由。
その後、これをあと3セット、つまり合計4ポモドーロを終える頃には、2時間の作業を終えたことになる。

4ポモドーロが終わったら、30分ぐらいの長い休憩を取ると、うまく頭をリフレッシュさせることができる。

 

こんな風に、しっかり時間を区切ることが重要だ。
いつ終わるか分からない作業をダラダラやるのは非効率だし時間がもったいない。
「25分だけ真面目にやる!」と区切ることで、メリハリがついて集中力が生まれる。

やるべきことをテキパキやってしまって、終わったら好きなことに時間を使うというのが何よりの時間管理術ではないだろうか。

 

あらかじめゴールが決まっているマラソンと、
教師がストップと言うまで走り続けさせられるマラソン。

結果的に走る距離が同じだとしても、精神的負担や効率の面でも絶対前者のほうがいいだろう。
具体的なゴールや目標があったほうが人は頑張れるものだ。

 

個人的なおすすめのやり方としては、ラジオ番組などを聴きながらやるというもの。

私はラジオ番組が好きで学生時代もよく聴いていた。
その中で、お気に入りの30分トーク番組があって、それを録音したものをいつも聴きながら勉強していた。
その番組は、ちょうど開始25分当たりでエンディングのメールコーナーにいくので、
そのコーナーに入ったら勉強を終わる、という具合。

ラジオ番組はちょっと、という人なら、好きな曲を5曲用意して集中するのもいい。
だいたい1曲って5分前後だから、5曲を流せば合計25分になる。

あるいはそういった音楽系は気が散るし、かといってまったくの無音も集中できない、というのは
お気に入りの喫茶店なんかでタスクを終わらせるのもいい。
実際、喫茶店やカフェで仕事・勉強をしている人は多い。
あのなんともいえない雰囲気が好きで通うというのもよく聞く話だ。

自宅で勉強しながらもカフェの雰囲気を体験できる「Rainy Cafe」というサイトもある。
http://rainycafe.com/

カフェの空気や雨の音などを出すことができるので、集中したい人にはもってこいだ。

ところで、ちなみにこのポモドーロ・テクニックの「ポモドーロ」とは、イタリア語で「トマト」という意味だそうだ。
考案者がこれを思いついた時に、トマトの形のタイマーを使っていたのが由来らしい。

 

 

このポモドーロ・テクニックだと、「もう2ポモドーロ終わった」というように気軽に達成感を得られるというメリットが大きい。
時間を有効に使える上、メリハリもあって効率も上がる。

実際、このテクニックは世界中で愛用されており、
関連する25分タイマーや、ポモドーロのスマホ用アプリなんかも数多く出ている。

皆さんも、時間管理をしっかりとして有意義なタスク管理を。

今回はこのへんで。

5段階で評価をお願いします!一番左が「1」、一番右が「5」となっています。
※一度評価をしますと取り消しができませんのでご注意ください。


次回に期待・・・もう少し普通良い文章最高! 平均評価: 5.00 (投票者4人)
Loading...
コメント 0件

コメントはこちら

Return Top