*

還暦とは

還暦(かんれき)とは、干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支に戻ること。
通常は人間の年齢について言い、数え年61歳(生まれ年に60を加えた年)を指す。
本卦還り(ほんけがえり)ともいう。
年齢の数え方は、昭和30年過ぎまで「数え(数え年)で何歳」と表現されていた。
もともと、数え年で年齢を計算する際の元日は、当然太陰太陽暦、いわゆる旧暦の1月1日 (旧暦)であったが、昭和30年当時でも、西暦の元日に数え年で「1つ年を取る」ことはすでに完全に定着していたため、現在では還暦や古稀について太陰暦のことを意識しなくともよいと言える。
現在では、数え年に代わって満年齢を用いることが多くなったため、還暦祝いを満60歳の誕生日を中心に行うことが増えてきている。
また、30周年を半還暦(はんかんれき)・120周年を大還暦(だいかんれき)という。
日本での還暦
日本における還暦の祝いでは、本人に赤色の衣服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を贈る。
かつては魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、生まれた時に帰るという意味でこの慣習がある。
還暦を機に現役を引退する例も多かった。満60歳を定年とする企業も多かったが、65歳定年の企業も増えてきている。
還暦式 – 成人式に対して、還暦を第二の人生の出発として祝う「還暦式」と呼ばれるものが行われ始めた。
2007年10月民間主導の佐世保市、地方公共団体が催した2005年11月の壱岐市や2008年10月の市川市などがその始まりである。
プロレスは選手寿命が長いため、現役で還暦を迎えることがあり、ジャイアント馬場、ラッシャー木村など「還暦記念試合」を行った例がある。この場合の試合日は60歳の誕生日が基準となる。
西洋での60年祭
西洋では、ダイヤモンドを60周年の祝いに贈ったり、60周年の象徴とする風習がある。
結婚60周年はダイヤモンド婚式ともいい、ことにヴィクトリア女王の即位60周年は、ダイヤモンド・ジュビリーとして盛大に祝賀された。
ウィキペディアより

PAGE TOP ↑